[iOSアプリ開発]ロード中の状態を示すクルクル回るあれを表示:UIActivityIndicatorを表示

アプリなどにおいて通信しているときにでてくるクルクルまわるあれの表示の仕方を紹介します。
実装は非常に簡単で、UIActivityIndicatorViewを用います。

スクリーンショット 2016-03-15 20.49.51

 
適当なクラスを定義して、その中で以下のように実装していきます。
 

// ActivityIndicator を用意
private var ActivityIndicator: UIActivityIndicatorView!

//とりあえず、今回はviewDidLoadのタイミングで呼び出します。
override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        //Indicatorを表示させる
        self.showIndicator()
    }


func showIndicator(){
        //Indicatorを作成
        ActivityIndicator = UIActivityIndicatorView()
        ActivityIndicator.frame = CGRectMake(0, 0, 100, 100)
        ActivityIndicator.backgroundColor = UIColor(red: 0/2555, green: 0/255, blue: 0/255, alpha: 0.7)
        ActivityIndicator.layer.cornerRadius = 8
        ActivityIndicator.center = self.view.center
        
        //Indicatorの状態を管理
        ActivityIndicator.hidesWhenStopped = false
        ActivityIndicator.activityIndicatorViewStyle = UIActivityIndicatorViewStyle.White
        
        //クルクルを開始
        ActivityIndicator.startAnimating()
        
        //Viewに追加
        self.view.addSubview(ActivityIndicator)
    }
    
//Indicatorを止めるときは、こちらを呼び出してあげます。
    func hideIndicator(){
        ActivityIndicator.stopAnimating()
    }