人工知能・機械学習を勉強するために読む本まとめ!【目的別】

昨今注目をあつめる人工知能技術・機械学習ですが、最近この周辺に興味のある知り合いからオススメの本や情報元を尋ねられることが多いので、本記事ではそれらの技術・知識について理解するためにオススメの書籍・情報元をまとめてみました。

また、目的別に書籍を選択できるように専門書タイプ、読むタイプ、などのタイプを設定しています。

それぞれのタイプは、

専門書タイプ:数式的な理解をもって読み進める本
読むタイプ:論理的な話や、技術の話をテキストベースで読み進める本

と理解してもらえるといいかと思います。

1,入門編:これからはじめたい方向け

(1)脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす:【読むタイプ

数理脳科学で有名な甘利先生の書籍です。脳がどのよな情報処理構造を持っているかなどが人工知能周辺技術の歴史的背景を含めたこれまで、学問としての体系化にそった様々な話が紹介されています。

 

 

 

 

 

 


(2)非エンジニア、文系、ビジネスマンのための人工知能入門: 数式が苦手なあなたにオススメ:

読むタイプ

研究者以外の数式が苦手な非技術者にとって、人工知能技術がどんなところに活用しているのかという情報はあふれていますが、実際、内部的にどのような処理が行われているのかの説明はあまり見かけることができません。そんな方に向けて本書ではテキストベースで人工知能技術の仕組みを解説しています。

 

 

 

 

 

 


 

(3)人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの:【読むタイプ】

本書は、人工知能が将来的に、私達の身の回りにもたらすインパクトを研究者の立場から解説しています。

 

 

 

 

 

 

 


(4)知りたい分かりたい人の 体験する機械学習:【読むタイプ+専門書タイプ】

  

本書は、これから実際に人工知能を自分でプログラムしながら体験してみたい方向けの書籍になります。シリーズ化されており、「クラウドではじめる機械学習」、「初めてのディープラーニング」などもあります。


2,論理的な理解をもっと深める編

(1)パターン認識シリーズ

  


(2)自然言語処理シリーズ
 

こちらは自然言語処理という人工知能の言語理解に関する分野の専門書シリーズになります。このシリーズは上にはったリンク以外にもいろいろあるので、目的にあわせて眺めてみてくださいね。


(3)機械学習プロフェッショナルシリーズ

  

こちらのプロフェッショナルシリーズは説明が詳細で、読みやすくわかりやすいので、私自身も大好きです。機械学習のことを勉強するならまずこのシリーズで探してみるのをオススメします。


(4)深層学習 Deep Learning (監修:人工知能学会)

こちらの書籍は人工知能学会より出版されているもので、深層学習の理解には、読んでおきたい一冊です。


 

(5)人工知能 Advent Calendar 2015

もっと人工知能を脳科学的な観点からも考えてみたいと言う方は、是非こちらのアドベントカレンダーの記事を読破してみてください!非常にオススメです!


(6)パターン認識と機械学習 上・下
 

こちらは、機械学習やっている人なら「黄色い本ね」といえば通じる有名な本です。なかなか完全に理解するには、読み応えのある書籍です。最初にここから入ると挫折しちゃうかもしれません(笑)


 

3、本格的にやる編

 

(1)Arxiv

めまぐるしく進展するこの分野において、日々、世界中から投稿される論文に目を通すことは何よりも大事です。以下のリンクから世界の最新の研究情報を取得することができます。