第2章 はじめてのVPS:とりあえず接続してみる

今回はサクラのVPSを使っていきます。

1,VPS初期設定

サクラのVPSに契約するとアカウトをもらえらため、そのアカウントを使ってログインをしていきます。

ログインするとこのような画面が確認できるかと思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-20-35-24

このサーバー一覧からサーバーを選択すると、サーバーのスペックなどの情報が確認できます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-20-38-23

ここで右上の「OSインストール」から「標準インストール」を選択して「起動」ボタンをおしてしばらく「稼働中」という表示が確認できるまで待ちます。

「稼働中」の状態になったらさっそくVPSサーバーに接続していきましょう。

SSHで接続

VPSサーバーに接続するためには、hostname が必要です。
ホストネームは先ほどのサーバー情報画面を下にスクロールしていくと「ネットワーク情報」というテーブルの「標準ホストネーム」でみつけられます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-20-41-39

hostnameがみつかったら、ターミナルを開いて次のようにコマンドをうちSSH接続します。

そうするとパスワードをきかれるので、VPS登録時にメールで送られてきたパスワードを入力するとログインできます。

ログイン画面

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-20-48-45

ログインができたら、まずは

を実行して、VPS内のアプリケーションをupdateしておきましょう。

ここまで、きたらひとまず初期設定はひとまず完了です。
次回は、VPSにおける基本的なセキュリティ対策としてやっておくべきことを見ていきましょう。

次の記事はこちら

第3章 はじめてのVPS:基本設定