第4章 はじめてのVPS:基本設定(作業ユーザー編)

VPS入門VPS
この記事は約2分で読めます。
スポンサードリンク

前回までの記事はこちら
https://amazarashi.me/archives/801


VPSにおける作業ユーザーの追加を行っていきます。

まずVPSにSSHでログインして、ユーザーを作成します。
(demo-userは任意のuser名に変更してください)

useradd demo-user

そしてパスワードの設定を同時にしておきます。

passwd demo-user

また、この作成したユーザーがsudoというRoot権限でのコマンドを実行できるように設定していきます。

usermod -G wheel demo-user

これで、demo-userがwheelグループに追加されました。

また、次にwheelグループ内においても、sudoが使えるように設定して上げる必要があります。

visudo

を実行し、ファイルを開きます。
Escape keyを押した後”\”を入力し wheelを検索します。

:\wheel

そうすると次のような箇所が見つかるので、以下のように#を取り除き変更します。

## Allows people in group wheel to run all commands
# %wheel ALL=(ALL)   ALL

## Allows people in group wheel to run all commands
%wheel ALL=(ALL)   ALL

変更ができたらwqで保存してください。
これでusernameはsudoを使えるようになりました。

ここまでできたら、一度VPSサーバーからログアウトして、
demo-userでログインしてみましょう。(パスワードはユーザーを作成したときに設定したものです)

ssh demo-user@hostname

これでdemo-userでログインできれば完了です。

次は、パスワードでのログインだとセキュリティ上見破られてしまう可能性が高いため鍵認証でのログインを設定していきます。

オススメのプログラミングスクール紹介

【TechAcademy】自宅で学べる!プログラミングスクール

まずは無料体験からでも始められます

★ここがポイント!

 自宅にいながらオンラインで勉強できる
◎ パーソナルメンターがついて指導!

◎ チャットで質問もOK
◎ あなたのオリジナルサービスの開発をサポート!

VPSプログラミング
スポンサードリンク
あれは魔法だろうか?
タイトルとURLをコピーしました